こんにちは。
 
出会い系アプリなどで知り合った女の子を家に連れ込んだ時、どうすればよりセックスが確実なものになるか考えたことはありますか。もちろんトークの内容なども重要な要素ですが、セックス間際に勝敗を分けるのがその場の「雰囲気」です。
 
特に家に連れ込んだ時というのは周りの環境を自由に操ることができ、すべての武器にすることができるのです。自分がコントロールでいる環境を武器にしない手はありません。
 
今回は、自分の部屋に女の子を連れ込んだ際にセックスに到達しやすくなる雰囲気を作るためのポイントを紹介します。
 
 

明かりを暗くする

 
セックスに向けたアプローチをする際に一番重要となるのが「照明」です。有名な話ではありますが、男女が暗い空間に置かれると、心の距離が縮まったり、お互いに心を解放しやすくなるという研究結果があります。ですから、よくオススメされるのが「間接照明」です。関節照明のあかりというのは蛍光灯と違いオレンジっぽい温かみがあり、リラックス効果があります。そして間接照明の明るさというのは蛍光灯と比べるとやや抑えられているため、暗闇効果を期待できるのです。
 
また間接照明以外のアイテムとしてオススメしたのが「アロマキャンドル」です。照明がわりにキャンドルに火を灯して、ほかのすべての照明を消してみてください。アロマキャンドルを使うことのメリットというのはたくさんあります。まず、アルマキャンドルを嫌いな女性というのはほとんどいません。そのため、無条件に、女の子のテンションを上げることができます。また、アロマキャンドルを使う男性というのは少ないため、差別化を測ることもできます。そして、アロマキャンドルには、心地の良い香りがつきものです。この香りというのが、女の子をますますリラックスさせることができるため、間接照明にはないメリットを体現できます。そして何より、キャンドルにより火の明かりというは「幻想的な空間」を演出できます。非日常の空間というのは、女の子を現実世界から解放させ、理性を吹き飛ばす役割を担うのです。
 
このように、アロマキャンドルによるメリットというのは多岐に渡ります。ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。
 
 

相手が好きな音楽をかける

 
自分の部屋であれば、BGMをかけることも容易なはずです。よりロマンチックな空間を演出するために音楽をかけてみましょう。またここで選ぶべき曲というは、相手に合わせることがポイントです。相手がどんな曲を聴くのか、というのをさりげなく聞いてみましょう。間違えても自分が好きな音楽をかけてはいけません。音楽をかける目的というのは、相手にとって心地よい空間を演出することにあります。相手が好きな音楽をかければ相手はよりリラックスし、「帰りたい」という感情を抑制することができるのです。仮に相手の好きな音楽を持っていなかったとしても、今はYouTubeなど活用すればカバーできる時代です。ぜひ実践してみてください。
 
 

恋愛話から徐々に距離を縮める

 
照明や香りや音楽を完璧に調整したとしても、もちろんいきなりキスができるわけではありません。あくまでそれらはサポートの役割を果たすものであり、本質的に距離を縮めるためには会話がマストです。どんな会話をすればいいのかというと「恋愛話」が鉄板です。
 
恋愛話をすることで、お互いが異性であることをより意識させることができます。そして恋愛話から徐々に下ネタへとシフトしていきましょう。話しているないように環境が後押しすることで、相手をその気にさせることができます。会話しているときは相手の様子をよくみて、隙があればキスをしましょう。キスが成功すれば、セックスを導入することできます。