いつ出産内祝いを贈ればいいの?

初めての出産内祝いアレコレ

いただいた出産祝いのお返しで贈る「出産内祝い」。
ただ贈ればいいわけではなく、お返しにはいろいろなマナーがあります。
初めての出産でお返しする場合は、何をいつ贈ればいいのか、あれこれ悩まれる方も多いですよね。

出産後はいろいろな用事や行事もあります。
里帰りやお宮参り、さらに慣れない育児でバタバタ状態。
「うっかりして贈るのが遅くなり相手方に悪い印象を与えてしまった…」ということがないように、事前に準備しておきましょう。
今回は出産内祝いを贈るタイミングや渡し方についてまとめました。

出産内祝いを贈るベストなタイミングって?

出産祝いをいただいたら、まずは電話や手紙で先方に連絡し、先にお礼の気持ちを伝えましょう。

では、出産内祝いはいつ贈ればいいのでしょうか?
出産祝いをもらったからすぐに返さなきゃ!と焦る必要はありません。
お返しは、早すぎても遅すぎても良くありません。
贈るのには正しい時期があります。

お宮参りの前後を基準に考えますので、一般的にはお祝いをいただいてから1ヶ月程度の時期に贈ることが理想的です。

遅くなったとしても、生後2ヶ月までには出産内祝いは贈るようにしましょう。
いろいろな事情で2ヶ月以上経ち、遅れてしまった場合は、必ずお詫びの気持ちも伝えるようにしましょう。

遅れてお祝いをいただいた場合はどうする?

遅れてお祝いをいただくこともあるかと思います。
その場合も、必ずお返しは贈るのがマナーです。
もし事前にお返しを準備していたとしても、もらってすぐに贈るのはあまり良くありません。

これは「貰うのを待っていました」という態度に見えてしまうかもしれないからです。
すぐに贈るのではなくて、まずはお祝いをいただいたお礼を伝え、いただいた日から2週間~1ヶ月後を目安にして内祝いをお返しするのが、マナーとしては正解となります。

渡し方は手渡し?それとも郵送?

基本的には、遠方で会いに行くのが難しくない限り、直接手渡しでお返しするのが好ましいです。

しかし、産後は生まれて間もない赤ちゃんを連れて出かけるのは難しいですよね。
インターネットや通販を使えば、自宅にいながら好きな時間に贈り物を選ぶことができ、直接先方に配送してくれるので、遠方の方に贈るのにとても便利です。

郵送の場合は、のしを忘れずに。
控えめで破れ防止のためにも内のしがおススメです。
配送後は、相手に届く頃に電話で連絡してお礼の気持ちを伝えるか、または手紙を一緒に添えて送ると良いでしょう。

また、里帰りをして出産する場合には、自宅に届いていたお祝いなども贈り漏れしないように注意しておきましょう。